ワーママの知恵

我が家公開!仕事がはかどるホームオフィスの作り方

リモートワークが始まった!

新型コロナウィルスの影響でリモートワークをされる方が急増中ですね。

私の会社は、トランプ大統領の緊急事態宣言が出たその日に会社から一斉退去、即日リモート勤務開始となりました。

以前勤めていた会社で産休復帰後の半年間をリモートで働いていた経験があるので、スムーズに在宅勤務に移行できました。

でも在宅だと仕事スイッチが入らない、生活感のある中だと集中しづらい、子供がいて思うように仕事が進まないと感じる方もいるではないでしょうか?

今日は我が家で導入して仕事効率が上がったなと思うアイテムをご紹介。

気持ちよく仕事できる環境作りが一番!

我が家で導入して良かったアイテム

電動式スタンディングデスク

電動で机の高さを調整できるデスク。

我が家で使っているのはこれ!

横幅59センチ × 縦幅29.5センチ。

モニター、スキャナー、ペン立てや諸々を置いても十分な作業スペースがあるのでとても快適です。

高さを低くすれば普通のデスクになります。

IMG_2235

あらかじめ高さを4段階に設定できるので、自分が立った状態と、座った時の高さに設定しておけばワンタッチでちょうどいい感じに。

IMG_2237

立つだけで気分転換になっていいですよ!

座りっぱなしは身体によくありませんしね。

ワンタッチでデスクの高さを昇降させている動画はインスタグラムをご覧ください。

その他の利点は、デスクを高くしておけば子供がPCを触ったり、卓上を荒らすのを防げること。

旦那もこのデスクを使うことがありますが、彼にぴったりの高さにも設定済みなのでお互い気持ちよく使えます。

子供が大きくなったら家族みんなで活用できるし長く使えそう。

あと写真には写っていませんが、反対側の壁にはデスクと同じ長さのダイニングテーブルが置いてあります。

大人数を招いた時にはスタンディングデスクの高さをダイニングテーブルに合わせて、大人数で食卓を囲むなんてことも!

今使っているものは$600ほどで購入しました。

日本でもじわじわ流行ってきているので、インテリアになじむデザインが見つかります。

「家に追加でデスクを置くスペースがない」と言っていた友人は昇降可能なパソコンスタンドを買っていました。

折りたためるのでコンパクトに収納できて便利ですよね。

旦那はベッドルーム用に結局パソコンスタンドも追加で購入してました。

パソコンモニター&マイク

会社ではデスクトップPCを使っていても、自宅ではラップトップPCやMacbookを愛用している人が多いですよね。

在宅で仕事する時に一番ストレスに感じるのは、画面の小ささではないでしょうか?

特に資料作りやデータ作成で複数のファイルを同時に開かないといけない場合、やっぱり画面が大きい方がいいですよね。

我が家ではモニターを一台を使用。

自宅のコンピューターから会社のPCにリモートアクセスしています。

以前ITサポート会社の方からすすめられて買ったモニター。

Macbookに繋ぐためにHDMI変換アダプターを使ってます。

モニター台を置いて、画面の高さを上げてます。

台の下を収納に使えるので便利。

「モニターもうひとつあった方が効率上がるよ」

と旦那に言われますが、物が増えるのが嫌なので自宅ではこれで十分!

、、、なんて思ってたら

旦那がこっそり買い足してた!

今度我が家にこれが届きます。

これなら一台でデュアルモニターになるってことですね。

今あるモニターはどうするの?と聞いたら何か使い道があるから残しておくですと。

こうやって我が家にはものが溜まっていく。。。

旦那はマイクも持っています。

社内配布する動画やプレゼンの音声収録をこれで行うらしい。

日本でも在宅勤務が増えてからUSBコンデンサーマイクが人気になっています。

キーボード&マウス

会社のPCが WindowsでMacbookのキーボードでは入力がうまくいかないため、外付けのキーボードを使っています。

ワイヤレスキーボードは最近こちらに買い換えました。

手首が真っ直ぐになるようにアーチ型になっています。(腱鞘炎防止)

慣れれば手首に負担がかからずにタイピングできていい感じ。

キーがあまり凸凹していないのでタイピングもスムーズです。

数字の入力をすることが多いので、テンキーも。

あると断然効率が上がる!

ワイヤレスマウスも最近こちらに新調しました。

このマウスも手によくフィットし手首に負担がかかりません。

これらは全部旦那のチョイス。

下の図は旦那が仕事で作成した資料の一部なのですが(許可取ってます)

上の図のように、タイピングやマウス操作する時に手首が内側、外側、上下、いずれかに曲がっている人は後に腱鞘炎の原因に。

手首が真っ直ぐな状態に保たれるのがベストだそうです。

確かに新しいキーボードとマウスを使っていると手首が正しい位置にキープされるので安心。

こまめに上半身や手のストレッチを行うのも大事です。

ご参考までに我が家で使っているのはこちらの製品です。

オフィスチェアー

自宅オフィスで使っている椅子はこれ。

IMG_2277

アームレストを下ろせるタイプ。

IMG_2278

座る場所を前後に動かして調整したり、

IMG_2279

背もたれの角度、座る時の座席の高さや角度も調整できます。

IMG_2280

これは旦那が会社経由で買ってきたのですが、聞いたら$470(約5万円)とけっこうなお値段。

私はIKEAとかでお手頃価格の椅子を買いたかったのですが、旦那は

長時間座るとものによっては腰痛の原因になるからケチらずに良いものを買うべき!

というスタンスでした。

彼は仕事柄そういったことにうるさいために、椅子の角度やアームレストの高さまできっちり私に合うようにセットされています。

職場の椅子が合わなくて腰痛になった、労災認定しろーとかアメリカではけっこう裁判になりやすいし、気にする人が多いのかもしれません。

ちなみにこの椅子だと長時間座っていても疲れないし、良い姿勢を保てているのがよくわかります。

今となれば良いお買い物だった!

在宅勤務の際は椅子に投資しましょう!by 旦那

ごついデザインが多いけど、ゲーマー用の椅子も機能性高そうですね。

デスク周り

卓上のチャージステーション。

足元にたくさんコードがあると掃除の時にストレスなので、置けるものは卓上にまとめてます。

スマホのチャージステーションは3台まで置けるので来客の際も重宝。

ポンっと置くだけなので楽ちんです。

これは2台チャージ可能。

仕事中はスマホをここに置いたまま、ポッドキャストやVoicyを聞いたり、Kindleの電子書籍をiPhoneの読み上げ機能で耳読してます。(BGMはコンピューターから)


記事:Kindle(キンドル)の音声読み上げ開始にはアシスティブタッチ(AssistiveTouch) が最高に便利だった

座った時に使っているフットレストは子供の室内用アスレチック玩具の一部。

ちょうどいい高さなんです。笑

足のむくみ対策&運動不足解消にこういうのも欲しいな。

【あしふみ健幸ライフ】公式サイト

卓上に置いてるリフレッシュアイテムたち。

IMG_2268

目薬、除菌スプレー、リップクリーム、ボディーバーム。

Dr.ブロナーの除菌スプレーは手の殺菌とスマホ拭きに利用。(キャップは息子により行方不明)

他の除菌ジェルより乾燥しにくい気がするし、何より香りがいい!

写真はミントですが普段はラベンダーの香りを使うことが多いです。

仕事前にシュッと一拭きするだけで良い香りが広がるので、仕事スイッチが入ります。

リップクリームもDr.ブロナーのオーガニックリップバーム。

潤うのにベトベトせず、香りも控えめなのがお気に入り♩

ちなみに我が家ではボディーソープ、ハンドソープ、洗剤、歯磨き粉など全てDr.ブロナーを愛用してます。

ボディーバームはCBFfxのモイスチャーバーム。

このバームのジューシーな柑橘系の香りが大好き。

お気に入りのアイテムに囲まれてると気持ちよく仕事できる!

子供/家族

お子さんのいる家庭だと家で仕事に集中するのが難しいですよね。

今アメリカでは日本と同じく小学校〜高校は基本的に休校(大学はオンライン授業がメイン)、デイケアや保育園、幼稚園などもクローズしてる場所が多いです。

さらに外出禁止令が出てるため、市営の公園、トレイル、ビーチもクローズで子供が外で遊べる場所がどんどん減ってきています。

我が家ではデイケアに子供を入れようと決めた矢先にコロナ騒動が起きたので、いったん保留となりました。

今はありがたいことに、基本的に平日はお義父さんが彼の家で1歳の息子の面倒を見てくれています。

朝お義父さんが息子を迎えにきてくれるので、その日分のご飯やおもちゃ類を一緒に渡します。

帰りは大体旦那が仕事帰りにピックアップ。(スケジュールによっては私がピックアップ)

うちらはお義父さんを「スーパーじいじ」と呼んでいるのですが、プロかと思うほど丁寧に息子のお世話をしてくてます。

毎日書いてくれる記録メモ。

IMG_2285

ご飯で食べ残したものなどあればそれも記録してくれます。

「ピチ」はスペイン語でおしっこのこと。

お義父さんは日本人なのですが、日本語、スペイン語、英語を操ります。

20代の頃に南米音楽に心ひかれ単身でペルーに渡りそこでペルー人のお義母さんと出会い、その後は仕事で南米、アメリカ、日本を点々とし、孫ができたのがきっかけでアメリカに戻ってきました。

私の親世代ではなかなかアウトローな人。笑

今はリタイアして余生を孫と一緒に過ごせて楽しそうです。

現在ペルー在住のお義母さんも近々アメリカに戻ってくるそうなのですが、あちらもコロナの影響で外出禁止令が出たりしてるので、まだまだ先になりそう。

話がそれましたが、、、

今はこんな感じで自宅でも集中して仕事できる環境が整ってますが、以前は自宅で0歳の息子の世話をしながらリモート勤務してました。

3時間おきの授乳で仕事を中断したり、泣き出したらエルゴで抱っこして立ったまま仕事したり、ギャーギャー泣いている息子をあやしながら会社の電話に出たなんてこともありました。

仕事を時間通りにこなせず、息子が寝た後、夜にまとめて作業したりなんかもしてたな。

カオスだったあの頃が今となっては懐かしい。。。

今小さいお子さんを抱えて在宅勤務されている方は本当に大変だと思いますが、なんとか乗りきってほしいなと思います。

余談


今日は自宅でも仕事がはかどる環境作りについて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

少しでもお役に立てば嬉しいです。

さて、アメリカでは先週1週間の失業保険の申請件数が前の週に比べて10倍以上となる328万件に急増したそうです。

これは過去最悪の数字。

私はありがいことにリモート勤務に変更になっただけで特に変わりありません。

旦那が働いている会社は必要産業指定されているので営業続行、職務上出社しないといけないのですが、今の状況では仕事があるだけありがたいのかもしれません。

暗いニュースが多いですが、私の勤めている会社ではSlack(チャットツール)上でご飯やペットを見せ合うチャンネルが盛り上がったり、私のいるチームも近々オンライン上でコーヒー休憩タイムを設けたり、この状況を明るく乗りろうというムードになってます。

こういう時のアメリカ人のポジティブさは素晴らしい!

周りでも長時間家にいることで、家族との時間が増え、あらためて家族のありがたみや絆を感じる人が増えています。

環境面では、在宅勤務が増えたことで交通量が減り、移動制限により飛行機の本数が減ったことで、大気の温度が下がっているとか。

もちろんコロナウィルスは早く収束してほしいし、起きてほしくなかったけど、ネガティブに引っ張られすぎず少しでもポジティブに過ごしていければと思います。

あと、今日アメリカではコロナ給付金についての大きな動きがありました。

大人ひとりにつき最大$1,200(約13万円)支給、子供がいる家庭はひとりにつき$500(約5万5千円)支給されるそうです。(所得制限&所得により減額あり)

詳細はこんな感じ。

2019年の所得が$75,000(約808万円)以下の場合、$1,200(約13万円)支給。

所得が$75,000(約808万円)以上の場合、$100(約1万800円)増えるごとに$5(約500円)の減額。

2019年の所得が$99,000(約1067万円)以上の場合、支給なし

カップルでジョイントで確定申告している場合、2019年の合計所得が$150,000(約1616万円)以下だと、$2,400(約26万円)支給。

カップルでジョイントで確定申告している場合、2019年の合計所得が$198,000(約2134万円)以上だと、支給なし

世帯主として確定申告している場合、2019年の所得が$112,500(約1212万円)以下だと、$1,200(約13万円)支給。

※日本円表記は現時点での為替レートで計算した数字

引用元:NBC News

アメリカ国籍の市民でなくても、ソーシャルセキュリティー・ナンバー(マイナンバーのようなもの)があって税金を納めているなら給付対象になります。(グリーンカード保持者でも受給可能)

トランプ大統領は今年11月に行われる大統領選で再選を目指していることもあり、国民の支持を得るために大胆な政策を打ち出したやら、2兆ドル(約220兆円)とも言われる巨大な経費をどこから捻出するのか?

などなど、色々ささやかれていますが、コロナショックで生活に困窮している人の助けになるのは事実なのでスピーディーに決まって良かったと思います。

大変な時期ですが、日々の中に小さな幸せを見つけていきましょう。