洋書ブックレビュー

相手も自分も幸せになる断り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

突然ですが、あなたは断るのが苦手ですか?

一般的に、日本人は断るのが苦手な人種と言われますよね。

今日は断り下手さんにとって、救世主になる本を見つけてきました。

本書によると、断り下手な人には以下の共通した特徴があるそうです。

・お人好し

・人をがっかりさせるのが嫌

・自己評価が低い

・わがままだと思われなくない

・自己主張が苦手

・人との衝突が怖い

・優先順位をつけるのが苦手

・良い機会を逃すのが怖い

〜本書より〜

お人好しな性格の人は、人をがっかりさせたくなくて、お願いされると引き受けてしまいがちですよね。

自分に自信が無く、自己評価の低い人も 「これを言ったらわがままだと思われてしまうのでは?」と心配になり断れない傾向にあるといいます。

自己主張が苦手な人は、相手と衝突したくないので、ついつい言われるがままに行動してしまいます。

優先順位をつけるのが苦手な人は、誘われると「この機会を逃すと損するのではないか?」と心配になって、他の大事なことを後回しにして予定を入れてしまうのだそう。

断るのが苦手だと、他人に予定を振り回され 、自分軸ではなく他人軸で生きてしまう結果に・・・

他人軸で生きるとやりたいことが後回しになって、自分の希望を叶えられない人生を送ってしまうのです。 

そうならないために!

本書は上手に断るための10のテクニックを教えてくれます。

相手も自分も幸せになる断り方に必要な10のコツ

1. 回りくどい言い方を避ける

2. 返事を保留しない

3. 「ノー」を別の言葉に置き換える

4. 言い訳 したくなる衝動を抑える

5. 自分の決断に責任を持つ

6. フォローアップするようお願いする

7. 予定について嘘をつくのをやめる

8. 選択肢を与える

9. 相手の要求に適した人を勧める

10. 要求を受け入れる余地がないことを理解してもらう


〜本書 より〜

まず最初のアドバイスは、イエスかノーかしっかり伝えること。

回りくどい表現は、話の要点を分かりにくくするので避けます。

答えが決まっているのに返事を保留するのは、余計な期待を持たせるだけでなく、決断力に欠けている人という印象を与えてしまうので、返事はできるだけ早くしましょう。

ずっとモヤモヤした気持ちでいるのは精神的にも良い状態とは言えません。

断る時には「助けたいけど〇〇だからできない」という表現を使うと、相手に与えるショックが和らぎます。

明らかな嘘は、心の中にずっと罪悪感が残るので避けたいところ。

そして断る時のポイントは、「できない」のでなくしない」という選択を自ら下したという意識を持つこと。

自分の決断に責任を持つことで、他責を避けられます。

次に、お願いの種類によってはフォローアップを依頼するという手もあります。

例えば同僚から

「この件について今すぐ手伝って欲しい」

とお願いされた場合、

「今は忙しくて無理だけど、3時間後なら手伝えるかもしれないからまた聞いて」

と伝えます。

時間を置くことで、他に助けてくれる人を見つけてもらうのが狙い。

もしかしたら良い方法が見つかって、ひとりで解決できてしまい、その人のスキルアップにつながるかもしれません。

 

どうしても助けが必要だとまた戻ってきたとしても、あなたは優先順位の高い仕事をすでに終わらせているので、快く引き受けられるはず。

 

相手のお願いを一部だけ引き受けるのもいいでしょう。

1と2のどちらかならできるけど全部は無理と伝えることで、自分の作業量をコントロールしつつ相手も助けられます。

 

自分のよく知らないことをお願いされた場合には、自分が適任者でないことを説明し、もっと適した人を教えてあげましょう。

 

断ると同時に助けてもいるのでポジティブに受け取ってもらえるはず。

 

最後にどうしても断りたい時の最終手段は、相手に交渉の余地がないことを示す方法。

例えば休日に引越しの手伝いをお願いされた場合

「今日は時間がなくて無理」

と言うと

「1時間で帰っても大丈夫だから」

と言われる可能性があります。

こういった状況を防ぐために、1日のスケジュールをリストにして 、お願いを受け入れる余裕がない客観的な理由を示せば、相手はあきられてめくれるはず。

さて、相手も自分も幸せになる断り方に必要な10のコツはいかがでしたか?

これらの方法をマスターすれば、 あなたの時間を奪う人からスマートに身を守れるでしょう。
 
ぜひ「 自分ファースト」な人生を送るためのヒントにしてください


※ピックアップされた洋書の要旨を説明することもありますが、 それはあくまでも「前提を共有」することが目的であり、 著者の見解の詳細を伝えることを目的とするものではありませんので、 あらかじめご理解ご了承をお願いいたします。 ※セレクトされた洋書にご興味をもたれたら、是非原書をお読みになることをお薦めします。 おそらくメールマガジンをお読みになった後であれば、英語に苦手意識のある方でも、 予想以上に理解・活用できるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る