洋書ブックレビュー

家庭をブランド化してみよう!幸せな家族の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
前回に引き続きこちらの本から
幸せな家庭を作るヒントをピックアップ。

「幸せな家族の秘密」
〜The Secrets of Happy Families
ブルース・ファイラー・著










前回は
幸せな家族が持っている共通点と
7つの習慣についてお伝えました。

今回は
「家庭のブランド化」について
お話しします。

満足度の高い家庭を作るためには

「どんな家庭を築きたいのか?」

を明確にする必要があると
著者は言います。

家族のあり方は様々。

まずは自分の家族に合う
価値観を見つけることから
幸せな家族作りがスタートします。

あなたの理想の家族像は
何でしょうか?

そこで、

本書から
80個のキーワードを
ピックアップしました。

この中から8個を選んでください。

8個を選び終えたら、
どれを一番大切にしたいのか
1番〜8番まで優先順位を
付けてみましょう。

---------------------------

1, 身軽さ
2, 勇気
3, 情熱
4, 探究心
5, 創造力
6, 忍耐強さ
7, 忠誠心
8, 責任感
9, 正義感
10, 奉仕の心
11, 管理能力
12, 目的意識
13, こだわり
14, ポジティブ
15, 夢中になること
16, 感受性
17, 優秀
18, エネルギッシュ
19, ワクワクやドキドキ
20, 成長
21, クリエイティビティ
22, 想像力
23, 元気
24, 個性的
25, 驚き
26, 独立
27, 集団意識
28, 無限の可能性
29, 多様性
30, 新しい考え(革新)
31, 起業家精神
32, 世間をアッと言わせる
33, 熱中しやすい
34, 善良な市民
35, 信頼
36, 誠実さ
37, 約束を守る
38, 献身的
39, 冒険家
40, 旅
41, 貪欲さ
42, 変化を好む
43, 権威に対して疑問を持つ心
44, 幸せ
45, ペイフォワード精神(無償のボランティア精神)
46, 後ろを振り返らない
47, 物事をやり遂げる
48, 楽天家
49, 活力
50, 根性(ガッツ)
51, 感謝の気持ち
52, 本質を捉える力
53, セルフコントロール
54, 礼儀正しさ
55, 希望
56, オープンマインド
57, 新しいことを学ぶのが好き
58, 常識的
59, 知識
60, 大胆さ
61, 優しさ
62, リーダーシップ
63, 許す心
64, 控えめ(慎み深さ)
65, 用心深さ
66, スピリチュアル
67, 気配り
68, 現実的
69, 自制心
70, 積極的
71, 適応能力
72, 助け合いの精神
73, 協力
74, 誰かの支えになる
75, 決断力
76, 先見の明
77, 保守的
78, 奇抜なアイディア
79, 個人主義
80, 華やか

〜本書より〜

---------------------------

例えば
ファッションブランドを
立ち上げる時、

まずブランドの
イメージを固めるために
いくつかキーワードを
決めますよね。

ブランドを作る感覚で
家庭をあなたの理想とする
姿に近づけて欲しいと
著者は言います。

あなたがピックアップした
8個のキーワードを見れば
あなたの家族観が見えてくるはず。

このテストは
他の家族にも試してもらうことで
お互いが大切にしたい
価値観を見つけるのに役立ちます。

まずはイメージを固めて
それを遂行するために
家族内のルール作りをしてみては?

ルールが決まったら
子供達にも考えをシェアして
家族観を理解してもらいましょう。

伝えるポイント:

・我が家で大切にする8つの価値観
・家庭でのルール
・なぜルールが必要なのか?

さて、今回の
洋書ブックレビューは
いかがでしたか?

家族の中で
価値観を共有するために
家庭をひとつのブランドに
見立てるというのは

斬新ですが
効果的な方法だと思いました。

次回は、

「夕食を一緒に食べる子供は頭が良くなる?」

についてお話しします。

それでは、
また次回お会いしましょう!


無料洋書ブックレビュー配信中!!

 今すぐ無料登録する

※ピックアップされた洋書の要旨を説明することもありますが、
それはあくまでも「前提を共有」することが目的であり、
著者の見解の詳細を伝えることを目的とするものではありませんので、
あらかじめご理解ご了承をお願いいたします。

※セレクトされた洋書にご興味をもたれたら、
是非原書をお読みになることをお薦めします。
おそらくメールマガジンをお読みになった後であれば、
英語に苦手意識のある方でも、予想以上に理解・活用できるかと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る