洋書ブックレビュー

あなたの印象をアップする3つの話し方のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日新元号が発表されましたね。

当日はアメリカから、ネット配信のライブ中継で観ていました。

新しい時代の幕開けにワクワクしつつ、平成にやり残りしたことがないよう、毎日気を引き締めて過ごしたいと思う今日この頃です。

さてさて、本日も洋書ブックレビューをお送ります。

今回ピックアップした本はこちら。

21 Days of Effective Communication

21日間で学ぶ!コミュ力と社会的知性を高める習慣〜

 イアン・トヴォスキー・著

新しい友人を作りたい人から、対人スキルに不安を抱える人まで、短期間でグンとコミュニケーション能力を高めるヒントが詰まった1冊です。

本書ではコミュニケーションを

もともと人間に備わっている能力で、本来なら意識せずとも自然に行えるもの。

本書より

と定義しています。

でもなぜ多くの人がコミュニケーションに苦手意識を持っているのでしょうか?

その原因が著者の経験から見えてきます。

著者は成功者の多い家庭環境で生まれ育ちました。子供の頃から家族の中で自分は劣っている存在だと感じ、新しいアイディアを提案しても批判されると思っていたそうです。7歳になる頃には、母親がいくら頭のいい子だと褒めくれても信じられず、だんだん内向的になっていきました。

20代になると普通に友人もでき、女性とのデートを経験して恋人もできました。でも心のどこかで物足りなさを感じていたそうです。心の奥底で深く誰かと繋がるのを実感できずにいました。

大学を卒業して就職すると話す機会が増え、

  • 自分の言動が気になり会話に集中できない
  • 話しかけるのが苦手
  • 会話が続かない

といったことで悩むようになりました。

「自分はコミュニケーション能力に問題があるのかもしれない」

そう気づいた瞬間、今まで避けてきた課題がズシンと肩にのしかかりました。

「今この問題をクリアしないとこの先、楽しく幸せな人生を手に入れられないかも・・・」

そんな不安から一念発起。心理学やコミュニケーションに関する文献や研究結果を調べ尽くし、たくさんのセミナーに参加しました。

その結果、幼少期の劣等感から生まれた自己肯定感の低さが自然なコミュニケーションを邪魔していると分かりました。

そして、コミュニケーション能力というのは、後天的な努力によって絶対に伸ばせるということも学びました。

本書では、様々なアプローチからコミュニケーションを改善するヒントを教えてくれます。

今回は21のトピックの中から、“今すぐにやめたい印象を悪くする話し方の3つの癖”をお伝えします。

まず好かれる人は「聞き上手」な人が多いと言われますが、聞き上手な人とそうでない人の一番大きな違いってなんでしょう?

目を見て聞く、適度な相槌を打つ、オウム返しをするなど、聞き上手になるための様々なテクニックがあります。でも一番シンプルで大切なことは 、“相手の話を聞き終えるまで待つ”こと。

これだけ意識すれば良いと言っても過言ではありません。 

なので、 印象を悪くする1つ目の話し方の癖は、

会話の途中で話を中断させる

本書より

もしあなたが話しているのに、途中で何度も会話を中断されてなかなか話が進まなかったらどう感じるでしょう?きっとイライラしますよね。

このメカニズムを説明すると、話を中断させられると、相手の考えの方が重要で尊重しなければいけないと感じるからです。

言うのは簡単ですが、これが意外と難しい。

悪気なくしてしまったり、時には良かれと思ってやっているのが逆効果になっている場合があります。

例えば、確認のための質問

もっと話を理解したいという思いから、つい話の最中に質問していませんか?

質問するのは良いことですが、タイミングを間違えると会話がスムーズに進まなくなり、相手が不快に感じてしまいます。

気持ち良く話してもらうために、相手が話終えたタイミングで質問してみましょう。反射的に聞くよりも時間を置いたほうが、真摯に話を聞いている姿勢が伝わります。

次に、印象を悪くする2つ目の癖は、

褒め言葉を否定する

本書より

褒められた時、照れくさかったり懐疑的になったりして

「そんなことないですよ」

「でも私○○で本当は全然ダメなんです」

「たまたまですよ」

なんて言っていませんか?

大半の人が遠慮して、褒め言葉を素直に受け取ることができません。

なので、「ありがとう」と素直に喜んで受け取ってあげるだけで、あなたの印象は一気に上がります。

言葉は目には見えないプレゼント。

他のプレゼントと同じように、送る側は相手の喜ぶ顔を想像して言葉を選んでくれます。否定しながら受け取れば、相手はがっかりした気持ちになります

相手があなたに使ってくれた時間、勇気、労力を無駄にするのは今すぐやめましょう。

ただシンプルに「ありがとう」と言って受け取ってくださいね。

もし相手が皮肉を込めたり、あなたを攻撃しようとして褒め言葉を使っているとしても、「ありがとう」と言ってそのまま受け取りなさいと著者はアドバイスしています。

凛とした態度で受け止めると相手は拍子抜けしてしまうそうです。これはスマートな対応ですよね。大人の余裕を感じます。

そして、印象を悪くする3つ目の癖は、

回りくどい表現を使う

本書より

短い内容を長々と話す人は、話す前から嫌だなと思ってしまいますよね。

なぜなら、回りくどい話し方をする人は、

  • 何が言いたいのか
  • どうしてほしいのか
  • 何をしたいのか

話を聞けば聞くほど分からなくなるからです。

反対に、伝え上手な人はシンプルな言葉で簡潔に説明します。相手が消化しやすいよう短い言葉で話すとより伝わると知っているからです。

ちなみに、呼吸一回分で言い終える長さで話すと良いそうです。

話した後に「つまり〜ということですか?」とよく聞かれる方は黄色信号。

「もしかしたら自分の話し方は回りくどいかも」と不安な方は、“結論から話す”を意識してみると、話がすっきりまとまります。ぜひ試してみてくださいね。

さて、今回ピックアップしたヒントは以上!

余談になりますが、私は対談形式のポッドキャストを聞くのが好きです。

理由は、自分のコミュニケーション能力を見直すきっかけになるから。

聞いていると、スムーズに耳に入ってくるものと、そうでないものがあります。

自然に聴けるものは、一人が話し終えてからもう片方が話すので会話の流れがスムーズ。

反対に、どちらかが相手の会話に割り込んで話していると、途端に耳障りに感じてしまいます。

第三者目線で会話を分析すると新しい発見ができてオススメですよ。

さて、次回の配信では、私たち一人一人のコミュニケーションの取り方の特徴をワーク形式で探っていきます。

それでは、また次回お会いしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る