洋書ブックレビュー

コーチングから学ぶほめるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コーチングを上達させる37の方法
「37 WAYS TO BOOST YOUR COACHING PRACTICE」
スティーブ・チャンドラー・著
【コーチングから学ぶほめるコツ】

もっとほめたいと思っていても、
キャラじゃないと思っている
そこのあなた。

分かります、その気持ち。
私も以前はそうでした。

いつもと違うことをするのって
何だか照れくさいんですよね。

でもほめ慣れしないことには、
ほめ上手にはなれません。


そんなほめ上手初心者の方に
ぴったりの本を見つけました!


本日紹介するのは
「コーチングを上達させる37の方法」。


米フォーチューン誌が発表する
全米上位500企業をはじめ多くの企業の
コンサルタントやビジネスコーチ、
セミナーコーチを務める
カリスマスピーカーが書いた本。


アメリカアマゾンで5つ星を
獲得している人気の一冊です。

「ライフコーチ」という職業を
耳にしたことがありますか?


ライフコーチとは
「コーチング」の手法を使いながら
クライアントとの対話を通して
彼らの望む人生を叶えていくのを
サポートをするお仕事。


特にアメリカではここ数年、
ライフコーチの資格を持つ人が
爆発的に増えました。


しかし生計を立てられる人はほんのわずか。
なかなか厳しい世界です。

そんな悩めるライフコーチたちに
向けて書かれた本書から
「ほめる」エッセンスを
ピックアップしました。


さっそくポイントチェック!

1、会話をする時は、
一人の相手、一つの会話に集中する

基本的に会話とは
一対一の間でしか成り立たないもの。
目の前にいる相手に100%意識を向けることで
効果的なコミュケーションが生まれます。


なんとなく片手間にほめるのではなく、
しっかり相手の目を見て伝えることが大事。
(スマホ片手になんて論外!)


あなたのことを気にしてます、
しっかり見ていますよ、
という姿勢を示すことが大切です。
まずはここから始めましょう。


2、ほめ体質になるのに時間はかからない

ほめる習慣がないのに、
いきなりバンバン人をほめるなんて
無理と思うかもしれません。

新しいことに
挑戦しようと思うと気負いしますが、
過去の習慣を新しい習慣を
すり変えればいいだけです。

まずは方の力を抜いて、
できることから始めましょう。
過去の習慣を思い返さないことが
成功の秘訣。

3、苦手な相手をほめる

「ほめる」ことは
人間関係を円滑にするツール。

苦手な相手との関係を良くしたい。
でも何を話したら良いか分からない。
そんな時はまずはほめてみましょう。


スパイ映画の主人公になったように、
ゲーム感覚でこのミッションを
楽しんでみましょう。

ほめて警戒されても
嫌な気持ちにさせることはないので、
あなたが損することはありません。

ほめることで
今まで見えなかった景色が
開けるかもしれませんよ。

4、イライラしてほめるどころじゃない

何があなたをイラつかせるのか?
客観的に見つめることが大事。

イライラする時、
まずは頭の中を整理しましょう。

状況があなたをイラつかせるのはありません。
その状況に対して
あなたが下す判断によって、
あなたがあなた自身を
イラつかせているのです。

イライラする時こそ、
違った角度から状況を
分析してみましょう。
(第三者の目線で)

精神が落ち着けば、
人をほめる余裕ができるはず。

5、思い込みから解放される

自分はシャイ。
内向的な性格だから
人をほめるなんて無理。

自分の性格はこの先ずっと
変えられないとあきらめていませんか?

しかし自分の思う
自分の性格とは当てになりません。
言ってしまえば、ほとんど思い込み。

自分が変わろうと思えば、
未来永劫変えられないことなんてありません。

こういった思い込みにはきっぱりおさらば!

過去の自分から解放されて、
ほめ上手になるための
階段をどんどん上がっていきましょう。

さて、今回の本はいかがでしたか?

人の人生を
ポジティブな方向に導くコーチング。

しかしライフコーチも
完璧な人間ではありません。

彼らも自分の弱点を
克服するために奮闘しているのです。

今回はそんな彼に向けたアドバイス本から
からほめるコツをご紹介しました。

※ピックアップされた洋書の要旨を説明することもありますが、
それはあくまでも「前提を共有」することが目的であり、
著者の見解の詳細を伝えることを目的とするものではありませんので、
あらかじめご理解ご了承をお願いいたします。
※セレクトされた洋書にご興味をもたれたら、
是非原書をお読みになることをお薦めします。
おそらくメールマガジンをお読みになった後であれば、
英語に苦手意識のある方でも、
予想以上に理解・活用できるかと思います。

洋書ブックレビュー配信中!!


 今すぐ無料登録する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る