コラム

イソップ寓話から学ぶ人を動かす秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「北風と太陽」というイソップ寓話を知っていますか?

子供の頃に読んだという方も多いと思います。

こんなお話です。

ある日のこと、北風と太陽が言い争いをしていました。

北風は 「僕はなんでも吹き飛ばせる!一番強いのは僕だ」

太陽は、「確かに君には力がある。でも一番強いのは僕だよ」

どちらも引きません。

そこで、どちらが本当に強いのか力比べをすることになったのです。

「あそこに歩いている旅人がいるから、彼の服を脱がせたほうが勝ちってことにしよう」

まずは動いたのは北風。

「あの旅人の服を吹き飛ばしてみせるよ」

と言って、

「ビュー!」

と、冷たい風を旅人におもいきり吹きつけました。

そうすると旅人は、

「なんて寒いんだ」

と言いながら、さらに一枚、服を取り出して、今の服の上に重ねて着込んでしまいました。

それでも北風は負けまいと、

「ビュー!」と、冷たい風を旅人に吹き続けました。

するとどうでしょう。

旅人は飛ばされないように、さらに服をしっかり押さえ、体を前かがみにして歩き続けたのです。

北風は、とうとう諦めてしまいました。

「こんどは僕の番だね」

太陽はそう言うと、まず、ポカポカと暖かく、やさしい日差しを旅人に照らしました。

旅人は、

「ポカポカといい陽気になってきたぞ」

と、重ね着していた服を1枚脱ぎました。

そして、太陽はさらにやさしい日差しを当て続けました。

だんだん旅人は汗ばんできて、ちょうど川沿いがあったので、一休みすることにします。

その時太陽は、ここぞとばかり、ジリジリと強い日差しで旅人を照りつけ始めました。

旅人は、

「こりゃたまらん!」

と言って、服を全部脱ぎ捨て、目の前の川に飛び込みました。

この話の解釈は人によって違うと思いますが、わたしは「人を動かす」本質が隠れていると思います。

旅人に上着を脱がせるという目的に対して、北風と太陽はまったく別のアプローチをとりました。

両者の行動で決定的に違ったことはなんでしょう?

先日取り上げたD・カーネギーの「人を動かす」という本の中でこんな一節がありました。

「人を動かす秘訣はひとつしかない。自らが動きたくなる気持ちを起こさせることだ」

D・カーネギー

そう、両者の決定的な違いとは、北風が力ずくで脱がせようとしたのに対して、太陽は旅人に自らの意思で上着を脱ぎたいと思わせたこと。

北風のように強引に人を動かそうとすると、相手は抵抗してしまいます。

逆に、太陽のように相手の気持ちを考えた行動をとることで、こちらの思い通りに動いてもらうことができるんです。

ポイントは、自分の意思でそうしたいと思わせること。

自分を無理に変えようとする圧力や、強制するような言動に、人は恐怖を感じる生き物。

恐怖を与えてくる人の言うことは信じられないし、相手の思い通りになるものかと抵抗します。

なので、いくら行動を起こすことの大切さや得られるベネフィットを説いたとしても、相手はこちらの思い通りには動いてくれないのです。

逆に、安心感を感じられれば、相手は自分の意思で自ら動きたくなるのです。

頭ではわかっていても時間がなかったり、心に余裕がないと、なかなか相手の立場に立ってじっくり考えることって難しいですよね?

そんな時、私はある質問を自分自身に問いかけて、要求を押し付けたい衝動にブレーキをかけています。

その質問とは「相手のタイミングは今?」

こちらが今すぐやってほしいと思っていても、相手にとってのベストなタイミングは今ではないかもしれません。

相手には相手なりの考えがあり、行動を起こしたいと思うタイミングがあるはずなので、そこをきちんと尊重することを大切にしています。

恥ずかしい話なのですが、以前の私はパートナーに対して、あれをやってほしい、これをしたほうがいい、なんで今やらないの?と口うるさく言っていました。

そうしたらある日、いつも穏やかなパートナーから「なんでいつもそっちのタイミングに合わせないといけないの!?自分のタイミングでやりたい。強制するような言い方をされるとやる気がなくなる」と言われてしまったのです。

この一言で、私の強制するような口調のせいで、相手の変わりたいという気持ちにストップをかけて、やる気を奪ってしまっていたと気づきました。

この苦い経験から学び、今ではしてほしいこと、変えてほしい行動があっても強制せず、より良い未来を想像できる話をしたり、変化によって得られるベネフィットだけを伝えて、あとはじっくり相手のタイミングを待つようにしています。

その結果、キーキーとムキに口うるさく言わなくても、相手が自分の意思でこちらの思い通りに動いてくれることが多くなりました。

みなさんも相手に何かしてほしいと思った時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る