コラム

また会いたいと思われる女性の3つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「この人は他の人とちょっと違う」

「学ぶところが多いな」

「この人は信頼できる」

「また会いたいな」

みなさんの周りで、会うと必ずこんな風に思ってしまう女性はいませんか?

すごいキャリアを持っていたり、経済的に豊かだったり、何か珍しいことをしているわけではないけど、自然体で素敵な女性。

こういう人って無理してないのに、男女かかわらず一度会うと必ずまた会いたいと思わせてしまうんですよね。

今日は、過去に読んできた洋書から得た視点と私の経験から、”また会いたいと思われる女性が持っている3つの共通点”についてお話します。

また会いたいと思われる女性が持っている3つの共通点

1、相手に役立つ情報を積極的にシェアする

自分が知っている情報の中で相手にも役立つものはないかな?といつも考えていること。

会話の中からひとつでも、相手にとってもプラスになる情報をお土産として渡せたら嬉しいと思っています。

ギブの精神に溢れていて、クレクレちゃんのように与えてもらって当然という考えを持っていません。

また情報感度が高い人が多いですが、相手が受け取りやすいような言葉に変換して、上から目線の啓発にならないよう気をつけているのが特徴。

「興味なかったら聞き流してほしんだけど」「役に立つと思ったからシェアだけさせてもらうね」と、相手に意見を押し付けません。

「この前こんなことを学んで、次回◯◯ちゃんに会ったら伝えたいと思ってたんだよね」

こんな言葉を使うことで、”私は日頃からあなたを大切な友人だと認識ているよ”とさりげなく伝えているのも愛されるポイントです。

2、愚痴を相手のためになる学びに変えて伝える

女性同士が集まると愚痴の言い合いになることが多いなんて言われますよね。

心を許してありのまま話すのは仲を深めるのに大切だと思います。

でも不平不満といったネガティブな感情を人にぶつけて、自分だけスッキリするのは果たして相手を大切にする行為でしょうか?

相手の愚痴に同調するだけで何も得るものがないと、自分はストレス発散のはけ口に利用されていると感じますよね?

また会いたいと思われる女性の特徴は、ネガティブな感情を口にすることがあっても、最終的にその経験をプラスの学びに変えて相手に伝えることができることだと思います。

これもギブ精神につながりますが、いつも相手にとって何かしらプラスになる会話を心がけているからこそ、”また話したい”と思われるのです。

3、共感上手である

また会いたいと思われる女性の特徴は、相手に共感して信頼関係を築くのがうまいこと。

なぜ信頼関係を築くのに共感が大切かというと、相手の感情に寄り添うことで、「この人だったら自分の気持ちを理解してくれる」「この人なら信頼できる」と感じてもらえるからです。

以前取り上げた洋書で、共感力が高い人がしない7つの行動が書かれていたのを思い出しました。

共感力が高い人がしない7つの行動

1、話の内容を分かったつもりで聞く
2、自分がどう返答しようか考えながら聞く
3、聞きたい部分だけ選びながら聞く
4、話とは関係のないことを考える
5、話の最中でアドバイスする
6、話の内容を分析、批判しながら聞く
7、上から目線で話を聞く

〜Essential Keys to Effective Communication in Love, Life, Work-Anywhere! by Bento C. Leal〜

共感とは、相手の立場を自分の体験として捉えて、相手の視点、世界観、考えを理解するのに徹すること。

共感力が高い人というのは、先入観というフィルターを通さず聞き、聞いた内容を批判したり、変に分析してアドバイスしたりもしません。

話す側にとっては心理的安全性が担保されている状態になるので、ありのまま話をすることができ、これが信頼関係につながります。

また、共感上手な人はあれこれアドバイスせずに、質問することで相手の頭の中を整理させ、自己解決を助けます。

その結果、「この人と話すと気づきを得られるからまた会いたい」と思われるのです。

最後に

また会いたいと思われる女性とは、男女かかわらず、誰からも愛される人だと思います。

誰からも愛される人と言うと、「八方美人!」と批判する人がいます。

でもこれは違っていて、本当に愛される人って、別にみんなに対していい顔をするから好かれるんじゃないんですよね。

「こうしたらみんなから好かれるかな」という風に、行動の判断基準が他人になってしまっているのが、八方美人と言われてしまう人たち。

一方、本当に愛される人は、周りの意見に流されず、自分軸に従って行動するから、人から信頼されるんですね。

好かれるために何かするよりも、自分はどうありたいのかを基準にして行動していきたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る