コラム

ほめ言葉の上手な受け取り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ほめ上手な女性になるための情報を発信している私ですが、

もちろん私も過去にたくさん痛い経験をしたことがありますよ(^^;)

今日はアメリカで働き始めた頃の失敗談をお話します。

アメリカ人の年下の同僚(白人女性)がいたのですが、その子はよく私の服装をほめてくれました。

朝会うと「今日の洋服素敵ね」「そのスカート可愛い」「その服装あなたに似合ってる」...etc 

毎日のようにほめ言葉をかけてくれました。

そんな彼女に対して私の返答は

「これセールで安かったの」
「これお買い得だったんだ」
「これは友達にもらったの」etc...

ほめてもらったことに対してこそばゆい気持ちになりなぜか言い訳がましい返答ばかりしていました。

同僚は若くて、賢くて、そしてとっても美人でお洒落さん。

そんな彼女にほめてもらうことに対して恐縮する気持ちもあったのかもしれません。

そしてある日、彼女がポロリとこんな言葉を漏らしました。

「私は本当に素敵だと思うから言ってるのだし、そんな自分を卑下するようなことを言う必要はないよ。」

こう言われた時、私はハッとしました。

私が自分を卑下するような言葉を返す時、

彼女は自分の言葉を否定されたと感じていたのかもしれないということに気がつきました。

自分に良い言葉をかけてくれた相手に対してまさに「恩を仇で返す」ようなことをしていたのです。

人に自分の意見を伝える時、たとえほめる時であっても

「もしかしたら変に思われるじゃないか」
「見当違いな事を言ってるかもしれない」

と伝える時に多少の不安を感じるもの。

相手はそういったリスクを負って自分をほめてくれているのだから

その思いを否定するような言葉を返すのは非常に失礼です。

たぶん私は彼女がほめてくれる度がっかりした気持ちにさせてたいのです。

猛反省。。。

この時からほめられた時はとにかく笑顔で「ありがとう!」と言うようになりました。

シンプルだけどこれが一番。

相手も自分もハッピーにする魔法の言葉。

でもたまに自分の身に余るような言葉に恐縮しまうこともありますよね。

そんな時はこう伝えてます。

「そんな風に言ってもらえることなんてめったにないから嬉しい。ありがとう!」

気がついてもらえて嬉しいという気持ちを伝えることを心がけるのが大切。

過去の私のようにほめられるのが苦手という人は参考にしてみてください(^^)


洋書ブックレビュー配信中!!
  

 今すぐ無料登録する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る